パスタ

特徴

パスタとは小麦粉(デュラム小麦をひいたセモリナといわれる粉)と水を混ぜて練ったものを言います。スパゲッティがその代表として有名ですが、マカロニのように短いタイプのものもすべて総称してパスタと呼びます。

種類

    • ●ロングパスタ●

スパゲッティーニ

        ・・・最も親しまれているロングパスタ。直径1.6mmのもので、あらゆるタイプのソースに合いますが、特にトマトソースやクリームソースと相性が良いです。

リングイーネ

        ・・・小さな舌という意味の切り口が楕円形をした平たいパスタ。表面積が広くソースがからみやすいので、たっぷりとソースをからめたい時に使うとよいです。

フェデリーニ

        ・・・直径1.4mmぐらいの細めのパスタ。スパゲッティーニより口当たりが軽く、あっさりした味のソースとあいます。冷製のパスタに向いています。

ラザニエ

        ・・・生地に卵を練りこんで作る、厚みのある板状のパスタ。ミートソースやトマトソースを重ねて焼くラザニア用のパスタとして知られています。
    • ●ショートパスタ●

ペンネ

        ・・・ペンネとはペン先を意味し、その名の通りペン先をかたどったパスタ。トマトソース、クリームソースを使ったものやグラタンに向きます。

マカロニ

        ・・・日本では最も馴染み深いショートパスタ。サラダやグラタンなど幅広く使えます。

ファルファッレ

      ・・・蝶という名前の通り、ひらひらした独特の形状がかわいらしいパスタで、トマトソースと合います。スープの浮きみやサラダの材料としても使え、用途は幅広いです。
 

ディ・チェコは、イタリアを代表するグルメ・パスタ。イタリア国内で一流と評されるホテル、レストランでこぞって使用されています。 左の写真はスパゲッティ、よりも少しだけ細いスパゲッティーニ。 どんなソースにも合う、万能パスタです。

【コメント】
我が家で一番良く使うパスタです。このパスタを使うと味が全然違うように思います。イタリア料理屋で食べたパスタがおいしくて、お店の人に使っているパスタは何か聞いてみたらやはりこの『ディチェコ』でした。

>>ディ・チェコの種類や価格はこちらから

イタリア国内で最大のシェアを誇るバリラのパスタです。やや細めの1.4mmです。 魚介のソースや野菜のソースなど、あっさりしたソースにあわせてみてください。

【コメント】
『バリラ』は少し値段も安いので、我が家では二番目に使うパスタです。本場では最大シェアを誇るだけあって、こちらのパスタもオススメです。

>>バリラの種類や価格はこちらから