バルサミコ酢・ワインビネガー

特徴

最近テレビ番組で、ポリフェノールが黒酢の3倍もあると紹介されてバルサミコ酢が見直されています。

一般のワインヴィネガーがワインを酢酸発酵させたものであるのに対し、アチェート・バルサミコはブドウ液を煮詰めたものを原料として酢酸発酵させたものです。

バルサミコ酢の色は茶色を濃くした黒色で、その名の通り独特の芳香が有り、オリーブオイルとともにサラダにかけるなどイタリア料理の味つけや香り付け、隠し味に使用される事が多いです

種類

左の写真はグロソリ・アチュート・バルサミコです。“公爵の酢”と称される高貴な味わいは、北イタリア・モデナで作られてます。 煮詰めて肉料理のソースに、またはそのままアイスクリームや果物、サラダ等にトッピングしてお召し上がり下さい。
>>バルサミコ酢の種類や価格はこちらから
 
イタリア料理には、欠かせない素材のひとつ。ワイン王国、イタリアの高品質ワインから造られたビネガーです。ドレッシングやマリネ液、料理の隠し味として幅ひろく活躍します。
>>ワインビネガー(赤)の種類や価格はこちらから
 
イタリア料理には、欠かせない素材のひとつ。ワイン王国、イタリアの高品質ワインから造られたビネガーです。ドレッシングやマリネ液、料理の隠し味として幅ひろく活躍します。
>>ワインビネガー(白)の種類や価格はこちらから