イタリアワイン

特徴

イタリアワインは日本ではあまりなじみがありませんが、生産量はフランスと世界1位、2位を競っている程です。南北に長い半島の全域でブドウ栽培が行われているので気候や風土の違いにより、非常にバラエティのあるワインが生産されています。フランスワインのように、料理の値段を飛び越えるほど高価なワインはほとんどない。これはワインは食事に合わせる飲み物という習慣が定着しているためです

種類

南北に長いイタリア半島では、それぞれの土地に適したさまざまなブドウが栽培されているため、そのブドウから造られるワインもさまざま種類に分かれる。イタリアでは1963年にワイン法が制定された。ワインの分類には、原産地規制優良ワインとしてとしてDOCG(保証付き原産地統制名称)とDOC(原産地統制名称)がある。DOCGはDOCより規制が厳しく、熟成期間・収穫量・品質・容器・産地などの規定に加え、農林省発行のDOCGラベルの添付が義務づけられている。イタリアワイン産地が数多くありますが、一部を紹介します。(他にも美味しいワインの産地はたくさんあります。)